ホワイトニング用歯磨き

皆さんがインプラント治療をためら

皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、費用の問題も大きいと思います。ほとんどのケースは保険適用外で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用の差はかなりありますし、歯科医院が技術料をどう見るかで思いの外費用は違ってきます。加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかる点も知っておく必要があります。高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。なぜ適用されないかというと、インプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、コストがかかり、設備や技術も要するからです。手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。

 

治療の一部を保険適用にするだけでも、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材を使って作られているためです。

 

 

 

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費と考えてください。ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安なく進めていけるでしょう。

 

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、口臭を人から指摘されるようになったという件が歯科医院ではよくきかれます。

 

これはなぜでしょうか。

 

 

 

一つには、インプラントと隣の歯の間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているケースもあり得るのです。
ひょっとして、と思ったら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院する必要はまずありません。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

 

自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

 

このような難しい治療を行う場合、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗のリスクをゼロにすることはできません。では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に生じた問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目を損なってしまう問題もあります。

 

 

このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はともかく慎重に決めてください。虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽とは誰も言っていません。

 

 

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。残っている自分の歯と同じく、歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

 

 

 

そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

 

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。その手術とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。入れ歯などの方法と比べると、自分の歯のように自然に食べ物を噛むことができ、見た目も義歯とは分かりません。この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの卓越した技術を欠かすことは出来ません。

 

患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、かなりの費用を要することは確かです。この治療が保険適用になるのはごく少数例で、その条件はとても厳しいのです。

 

ほとんど全て自費診療だというのがどうしても高額になってしまう原因です。安い材質、安い治療で済ませても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると数倍の費用がかかるケースもあることを重々承知しておいてください。希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならまだあきらめなくて良いかもしれません。

 

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療は決して不可能ではありません。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探すことが必要です。