ホワイトニング用歯磨き

インプラントは無くなった歯を再生

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、どうしても自分次第のところがあります。

 

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、その通りのケアを心がけてください。
治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

 

 

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。近年市民権を得てきたインプラント。

 

人工歯の組成には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。

 

 

 

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを持ち合わせていなければなりません。当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

 

インプラントの利用を考える際に、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

 

 

この点は、歯科医の技量や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。

 

痛み止めの薬などを服用して、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れや痛みが収まらない場合は、直ちに歯科で診てもらってください。
インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間が経つにつれておさまってくるケースが圧倒的に多いです。

 

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、違和感がおさまらないときは間を置かず歯科医の診療を受けることに努めましょう。
大きな効果を得られるインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。

 

最大のデメリットは費用が高額になることです。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることもあり得ます。

 

また、治療の失敗内容によっては健康被害が起きると、かなり深刻化するという重大な問題もあります。障害が残るばかりか、治療によって死亡したケースもありました。

 

これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないと、患者が考えている場合です。ブリッジ治療を例に取ると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。
周辺の歯に影響を与えたくないという要望がある場合、インプラント治療を優先して良いでしょう。
一本のインプラント治療にかかる費用はトータルで30万円から40万円と考えてください。
地域によってかなり料金は異なります。また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。
いろいろなデータの中でも重要なのはインプラント治療を受けた方からの評価です。

 

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。
最近よく耳にするインプラントは、歯がまるごと抜けてしまった後で、代用となる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。インプラントだと歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため自分の歯と同じような強度があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

 

 

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

 

 

 

見た目の問題を考えるとブリッジよりインプラントの方が優るというべきでしょう。また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというデメリットも承知してください。

 

 

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。インプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により以下に示す何通りかに分かれています。

 

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのを1ピースタイプといいます。それ以外に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

 

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)があり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。