ホワイトニング用歯磨き

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるのが普通です。腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにここはぐっと我慢してください。

 

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、その原因を究明し、対応することが求められます。我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

 

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は決して看過できるものではありません。

 

一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療成功の絶対条件となります。

 

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などはかなりマイナスに作用します。インプラント治療のために何でもできると思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙を決意してください。インプラントはメリットの大きい治療法です。けれども、それと裏腹のデメリットもあります。第一に、費用は他の歯科治療より高額です。ケースによっては数十万円の負担になることも珍しくありません。

 

 

あとは、治療が失敗したとき、健康被害が起きると、かなり深刻化するデメリットも忘れないでください。

 

 

障害を負うにとどまらず、手術後の死亡例もあります。欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

 

 

見た目の問題を考えると多くのケースではインプラントが優位に立ちます。先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという辛い面があります。

 

 

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、痛みが落ち着くまでは、安静に過ごすように努めましょう。力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、負荷がかかる身体運動はしばらく行わないようにしましょう。傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。
運動を習慣にしている方の場合はいつから再開して良いか、歯科医と確認しておきましょう。

 

インプラント治療はどのような流れかというと、3ステップあると考えてください。最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

 

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という段階を踏みます。この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

 

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

 

一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。相場は地域によって異なります。歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して治療を始めても、決して遅くありません。

 

いろいろなデータの中でも重要なのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。

 

インプラント治療を始める前に治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。
実際のところ、費用の総額は統一されておらず、歯科医院によって相当な開きがあります。
なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に設定できるのです。それでも、相場はあると言えます。
インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場だと押さえておきましょう。よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることは本当に少ないという点です。根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように義歯に見えない自然さでインプラントだとカミングアウトしなければいかにも義歯だと思われることは考えなくて良いのです。自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

 

 

 

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が損なわれていなければ上から冠のような形のクラウン治療が可能になります。しかし、根から抜いた場合は入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。