ホワイトニング用歯磨き

長年放っておいた虫歯があり、とう

長年放っておいた虫歯があり、とうとう抜歯を迫られました。隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラントの方が良いと考えました。

 

 

保険がきかないため、高額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

 

 

手術が終わってから、だんだんと隣の歯と同じように使えたのでインプラントにして良かったと思いました。
高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが多くの意見です。

 

とすれば、普段のメンテナンス次第でかなり長い間保たせることができますが、ケアが十分でなければ維持できなくなる異常も起こりうると考えなければなりません。歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。インプラント埋入手術では、術中、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

 

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術の本番に入るためです。
術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに多少の痛みはあるかもしれませんが頓服の痛み止めが処方されるため痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

 

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても当然、院内感染のリスクはゼロではありません。

 

いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが重要事項の一つになります。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてきちんとホームページに載せている歯科医院も確実に増加していますので、そこで調べるのも良いでしょう。

 

 

 

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。
決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

 

差し歯は、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。当然、歯が全く残っていない状態では、埋め込む所がないので使えません。それに対して、インプラントというのは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。

 

 

 

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

 

 

特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのは必須です。それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。

 

 

 

ただし、これらの既往症があってもインプラント治療ができないわけではないため歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。
インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので術後の患者さんは、ほとんどが人工物を入れられた違和感を感じています。

 

腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて歯みがきも気をつけてください。
もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。
指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

 

 

 

インプラントの特徴として虫歯になる可能性はゼロですが、歯周病には気をつけてください。
インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診は手を抜くことができません。けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を疑ってください。放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから即刻診断を受ける必要があります。がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終わるとその状態を保たなければならず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールは欠かせませんし、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが欠かせません。インプラント自体は人工歯ですが、ひとたびケアの手を抜けばいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。かなり専門性の高い外科的治療を要するので、とにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。また、それに加えて、必要な費用についてきちんと話してくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているいつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも重要なチェックポイントになります。